プラクティスティス@パズドラディバゲ勢

凍結してからが本番。俺たちのブログはまだ始まったばかりだ。
殆ど俺のメモ帳になってます。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ラヴァルデッキ | main | ヴァンガード >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
お遊びレシピ・扉のアレ

かなり前のことですけど、メシ食いに行ったら「被災地の方への応援メッセージ」ってやつがあったんで、メシ食い終わって余韻に浸りつつ談笑で暇してた俺らだったし「暇だからこれ書いてみようぜwww」っていったんだよね。
そしたら友人グループの中の一人が「そんなことして向こう喜ぶと思ってんの?そんな偽善的なことするぐらいなら募金するね。募金のひとつでもしてこいよ」とかいいやがったんでマジむかつきました。
向こうのこととか考えてねーし、俺らが暇つぶすネタになればいいと思っただけなのに、こういうことで否定的なマジレスされるとマジめんどい。
後募金ぐらいしたっつーの。


本題
扉ポジトロホーガンです。

本来出すクリーチャーは、デルフィンアイアンスババンが鉄板らしいのですが、アイアンスとかそんな高額レアカード、不滅オロチ作るプレイヤーに全部流しちゃったので、別のカードで扉ポジトロホーガンを楽しませてもらってます。

そういうデッキ。

「扉ロマノフ」

クリーチャー
不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー×1
光神龍スペル・デル・フィン×2
恵みの大地ババン・バン・バン×2
邪眼王ロマノフ1世×2
魔刻の残将オルゼキア×1
剛撃なんとかドルゲーザ×3
呪文
ミラクルとミステリーの扉×4
ホーガン・ブラスター×4
ポジトロン・サイン×4
ラッキー・ダーツ×1
転生プログラム×1
超次元バイス・ホール×3
超次元ガード・ホール×3
デーモン・ハンド×1
魔弾ロマノフ・ストライク×1
フェアリー・ライフ×4
ガーデニング・ドライブ×2
魂と記憶の盾×1
EX
ディアボロスZ×2(orディアボロスZ1、ランブル1)
ディアスZ×1
キル×2
ヤヌス×2
マティーナ×1


はい!
アイアンス高いとかいいながらディアボロス2枚突っ込んでます!
死ねばいいのに。

アイアンス枠をドルゲーザで補うことにより、自然マナをラクに調達できるようになっているので、その分フェアリーライフなどの加速カードが使いやすいのです。
そのため、ちょっとだけ事故率と爆発力を軽減になってます。
本当はTブレイカーの都合上、どう考えてもアイアンスのほうがいいんだけどねw
でもほんとに色バランスは大事なんですよ?

「マナ爆誕でババン出してる場合じゃねーだろw」
「ダーツよえぇwww」
「おいホーガンブラスターでライフしかあたってねーぞ」
と同時に
「4tトビラバンバンやべぇww」
「ミルアーマとチャクラがオルゼキアに消されたんだけど」
「1tデルフィンとか勝てるかバカ」
を用意。

という風に、「運ゲーデッキ特有のもろさとそれを引き換えに得た爆発力」という運ゲーのテーマを前面に引き出した構築にしてます。

ガチデッキにも勝ってしまうことがありながら、あっさりと中堅デッキにまけることこそ運ゲーデッキだと思っているのです。
当時はアヴァラルドなんかも入れていて「扉食らったけどアヴァラルドだったあぶね〜」っていうルートも作っていたのですが、なんかデッキ組んでたら抜けちゃいましたw
オルゼキアの「ダーツ扉食らったけどオルゼキア指定余裕でした^^」ってのが癖になりまして・・・w

適当に調整してアヴァラルド突っ込むと、もっと少し運ゲーデッキっぽくなって楽しいです。

後、今日10回ぐらい勝負して、超絶運で10試合中6試合を初手にダーツ運ぶ剛運プレイングを披露したにもかかわらず、6回中4回がクリーチャー選ばれての不発、1回が扉不発、1回がホーガンブラスターからのオルゼキアでした。マジダーツさんぱねぇっす。

そろそろデッキにブライゼナーガ投入してしまいそうな衝動に駆られてます。

大丈夫、守りは超次元が何とかしてくれるさ。


今日の一言
このデッキって、ホント超次元まかせ

ルビは「あたしってほんとばか」でお願いします。
扉のヒット率は40%ありません。素敵。

DMデッキ | permalink | comments(3) | trackbacks(0)| -
スポンサーサイト
- | permalink | - | -| -

この記事に対するコメント

扉ロマノフって名前なのに記事にロマノフが出てこなくて泣いた。

シール台紙交換いつまでも溜めてたら、赤いロマノフが大量に余ったんでデッキ組もうと思いましたが、扉ですかー

ロマノフ主体だとはずれが多くなりそうなので難しそうですけど、詰まっていたところだったのでちょっと助かりました;



マビコ | 2011/05/08 9:42 AM
どうも。
知り合い曰く、『扉ホーガンサインは心臓に悪いデッキ』だそうです。同感ですが。

ギャンブルカード13枚体制ですからね。確率的には2ターン目には2枚握っている訳で、引けないという事はまず起きない。
自分が見たデッキにはヘブゲ&グリフィスが採用されていて、より一層酷いデッキに仕上がっていましたね。速攻に至っては攻撃が敗北に直結しかねない(笑
ミラミスとは違ってクリを多めに出来るのは強みでしょうね。終盤にハンドから出せますし。
エルドラードなんて恐ろしいのではないでしょうか。
BWD | 2011/05/08 7:04 PM
>マビコさん
持ってる扉ポジトロホーガンにロマノフ突っ込もう→普通ロマノフ入らないし、デッキ名扉ロマノフにしてみよう→ロマノフ用の構築にしようと思ったけどメンドイしこのままでいいや(今ここ

うちも赤ロマノフ余ったクチですw
いまだに台紙残ってるし・・・。

とりあえず、ロマノフ→手打ちバイスキルヤヌス→ATバイスキルヤヌスは割と強いと思う(
トリガーブロッカーシノビなければ勝ちじゃん。

ロマノフ主体っていうより、場に出て怖いクリーチャーの1体と扱うぐらいがちょうどよかったですw
上のバイスの流れは初見殺しできますしね〜

こんなデッキですけどお役に立てたなら幸いですm(_ _)m


>BWDさん
ども〜。
うちはフリーはラフに行うタイプなんで、相手が心臓に悪いデッキですねw

うちのデッキの場合、ダーツを採用しているのでその分クリーチャー比率が少し少ないんですよね。
でもよくよく考えたらダーツ以外のカードは、クリーチャーを減らす理由にならないので、クリーチャーをがっつり積んだ形でもいいのかもしれませんね〜。
ヘブゲーなんかはそう考えると本当に相性よさそうw

エルドラードは初見弱いと放置した1枚ですが、確かにTブレイカーで高パワーで牽制と投入の条件はそろってるんですね〜。
考えて見ます。

コメントありがとうございます〜。
HIDE | 2011/05/08 8:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chougyuudon.jugem.jp/trackback/1272
この記事に対するトラックバック
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ななどらパーティ
アンケート
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS