プラクティスティス@パズドラディバゲ勢

凍結してからが本番。俺たちのブログはまだ始まったばかりだ。
殆ど俺のメモ帳になってます。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< キャーイクサーン | main | ネフティス!ラヴァゴーレム! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
DMを始めてみよう!其の6・得しよう

(前書きは将棋を多少知らないと理解不能のはずです)

琥珀「飛車ににらみを利かせつつ、逃がせば自分の飛車で中央突破・・・上達しましたねー」

HIDE「伊達や酔狂で中飛車使ってませんよー。同系対策はある程度できてます。」

琥珀「ですが、重さの枷になっている銀と角を切り飛ばすことで王手&飛車狙い。HIDEさんの最高手でも飛車角交換は免れません。さらに追撃の成り込みで〜♪」

HIDE「あ、あー・・・HIDEの飛車が・・・。これ絶対HIDEの方が優勢だったでしょ!」

琥珀「じゃぁ、HIDEさんがどこぞでミスしたということですよー」

HIDE「むぅ・・・あ、でも琥珀さんの損失が銀と角。こちらの損失が桂馬と飛車なら、さり気にHIDEの方が得してますよね」

琥珀「あは〜、でもでも、状況はどう考えても私に好転してるんですよー。損してるのに不思議ですねー」

HIDE「不思議です・・・。というわけで、今日はそんな感じのお話。枚数の得だけが勝負じゃないのです

琥珀「ハッ、まさかこの展開を想定してのあのうち回しだというのですか!?」

HIDE「いや〜・・・そこまでは読めません(苦笑」

注意・今回は前回より上級者向けです。上級者の方も無意識に行っているのでは?

最初に
琥珀「時にHIDEさん」

HIDE「ん?」

琥珀「いつも将棋でお話始めてますが何かワケでもあるんですか?」

HIDE「んー・・・特に深いわけはないです。本当は麻雀とかトランプにしようと思っているんですが、最近はやりじゃないですか。特に麻雀。乗っかってるように見えるのがいやだなーって。」

琥珀「あはは〜、いつもの流行に乗りたくないってやつですか。」 

HIDE「リーチドラ1の美しさを誰も理解してくれないんですよっ!」

琥珀「2翻よくてニックの手を誰が理解してくれますか・・・」

HIDE「でも便利なんですよ?軽い牽制にもなりますし。」

琥珀「平和とか絡みそうなものですが、絡まないんですか?」

HIDE「待ちは大体45666の頭ひとつみたいな感じなので、あまり絡まないんですよね・・・って、麻雀のお話じゃないです。DMのお話です。」

琥珀「気付くの遅いです!・・・して、今日はどんな感じのお話を?」

HIDE「前回は、枚数で得しようといったんですが、今回は枚数以外で得しよう!というわけです。」

琥珀「枚数以外で得・・・できるものなのでしょうか?」

HIDE「えぇ、まぁゆっくりと・・・。ちなみに、以下にあげる得はカードの得より小さい場合が多いです。

情報の得
HIDE「まずは、情報の得」

琥珀「先にネット等で情報集めておく・・・というものでしょうか?」

HIDE「それもある意味情報の得なんですが、今回はゲーム中に得られる情報の得です。」

琥珀「あー、相手の手札を見るカードなどですね」

HIDE「えぇ。例えば解体人形ジェニー。このカードは、相手の手札を見て好きなカードを1枚破壊できます。」

琥珀「相手の手札を見るという行為と、相手のカードを破壊する行為。とっている情報量と妨害量が素晴らしいですね・・・。」

HIDE「ジェニーは4マナ。たったコスト4で相手の次の戦略を知りつつ、最も必要なカードを破壊できる、すごく強力なカードです。相手の手札が3枚なら、3ポイントお得です」

琥珀「相手の手札が3枚で3ポイント・・・あ、それならロストソウルと同じじゃないですか?相手の手札3枚を破壊するので、やっぱり3ポイントお得です。ロストソウルはジェニーよりコストが大きいので、ジェニーのほうが強い・・・ということですか?」

HIDE「いえ、ここで上に書いた通りです。情報の得は、把握はしましたが破壊しきれてないカード。ずばり、相手の手札から情報を得て、その情報を元に相手の手札のそのカードを対策してこそ、やっと実質的に得した・・・となるのです。」

琥珀「深いですね・・・。では、ジェニーちゃんは相手の手札が3枚の場合、1ポイントと仮2ポイントの得ということですね」

HIDE「そういうことです。ジェニーちゃんで相手のそのカードの存在が分かったけど、対策できなかった・・・では意味がないですからね。」

琥珀「情報の得は、容易に取れる代わりに勝ちにつながりにくい・・・ということですね。」

HIDE「あ、情報の得は別にカードを使わなくても取れちゃうんですよ?」

琥珀「マナゾーンや墓地・・・ですよねー。簡単です」

HIDE「その通り。マナゾーンや墓地は相手が自分から勝手に晒してくれるゾーン。最大限利用したいですね。」

琥珀「利用するといっても、こればっかりは破壊方法とか対策方法は限られますよ?」

HIDE「見えるだけで十分です。相手が最初に3色レインボーカードをマナにおけば、その3色は相手のデッキにあるということですしねー。」

琥珀「3色あることが分かれば何かあるんですか?」

HIDE「相手の次の展開が分かるんです。自然文明があれば、青銅かフェアリーライフなどを打たれる確立が高いです。」

琥珀「あ、なるほど〜。そうやって相手の次の行動を読んでいけば、自分は相手の行動を先読みして対策などを行えばいいんですね。」

HIDE「このニュアンスも将棋と同じです。相手が初動で真ん中の歩を突けば、必然的に中飛車と分かるので、自分はVS中飛車の囲いと戦い方をすればいいんです。」

琥珀「常に状況を有利にするために、こういう情報は大事にしたいんですね。」

HIDE「勘違いして欲しくないのですが、マナにカードをおくなというわけでは在りません。何もせずに負けちゃいますから。なるべく分かりにくいように・・・ということです。デーモンハンドやサーファーみたいな、どんなデッキにでも入るカードをマナにおけば案外分かりにくいものですよー。」

琥珀「最初からペトローバなんかは、シグナルイエローですね。光文明だけに。」

確立の得
HIDE「お次は確立です」

琥珀「意味が分かりません」

HIDE「ゴーストタッチで相手の手札を1枚破壊します。」

琥珀「えぇ」

HIDE「相手の手札が4枚のときと3枚のとき。狙ったカードを落としやすいのはどちらでしょうか?」

琥珀「3枚にきまってるじゃないですか。」

HIDE「そういうことです。では問題。相手は何で手札が3枚の状況になったでしょう?」

琥珀「HIDEさんが、そういうよく分からない問題を出すときは意地悪なときですが・・・。カードを使ったからとしか思いません」

HIDE「えぇ、カードを使ったからなんです。つまり、カードを使うことは、相対的にランダムハンデスで大事なカードを落とされる確率が上がる・・・ということなんです。」

琥珀「でも、カードを使わないと、コンボなどの流れが組めなくなっちゃう場合がありますよ?インフェルノサインのデッキなんかは、ナスオで墓地を増やさないと意味がないです」

HIDE「サインのデッキはランダムのハンデスに弱い・・・ってことですね。」

琥珀「それだけですか?特に得のお話には関係なさそうですが・・・」

HIDE「では、例えば相手が使ったカードが場に影響のないカードだったらどうでしょう?自分が速攻のデッキでもないのに、相手が能力のないブロッカーを場に出してきたら」

琥珀「それは〜・・・こちらが無視できるカードなので、相手は純粋に手札を1枚減らしただけ・・・ってことになりますね。」

HIDE「そういうことです。これなら純粋に、ランダムハンデスで相手の大事なカードを落とせる確立があがっただけ・・・ってなるでしょ?」

琥珀「なりますけど・・・それは相手プレイヤー頼みじゃないですか?自分には関係なさそうな・・・」

HIDE「先ほどまで相手と書かれていた部分を自分として読み返せば、分かります。これは自分にも当てはまること。」

琥珀「そうですね〜。ということは、自分も無駄なことはするな・・・ってことですか?」

HIDE「上の情報アドバンテージから相手の情報を読み取り、必要最低限のカードプレイ。これが上達の元です。」

琥珀「むぅ、慣れるまで難しそうです。」

HIDE「あはは〜、これは慣れるまで難しい感覚ですよー。」

得として見にくい得
HIDE「最後は、これは本当に得してるのか?っていう得」

琥珀「日本語でおkです。」

HIDE「ツッコミが厳しくなってきましたが・・・。例えばカラフルダンス。墓地を5枚増やすだけ。マナゾーンの色も調整できますが、こんなカードを使えば手札が1枚へって、上に書いた情報や確立で損につながる場合があります。それでも使われるのはなんででしょうか?」

琥珀「墓地を使うデッキがあるからにきまってるじゃないですか〜。HIDEさんの墓地ソースなんて、これを打たないと何も出来ないですしね〜」

HIDE「いきなり結論ですね・・・。その通り。ただ使うだけでは少しの得にもならないカードであっても、デッキを選ぶことで素晴らしい得の量になります。墓地ソースで見れば、墓地が5枚増える=5ポイントの得。」

琥珀「あ、他にも得に見えない得ってありますよね!エマージェンシータイフーンとか、手札の枚数も増えてないのに何してるの?と思う事があります」

HIDE「それもデッキによって変わる得ですね。普通のデッキなら、手札が増えないのでマナを払った分と、相手にカードを晒した分損なだけなんですが、墓地のカードを増やすと見れば、1〜2の得になります。」

最後に
琥珀「あは、ここでも情報的なお得が絡んでくるんですねー。これらを意識するのは難しそうです。」

HIDE「情報の得は慣れれば無意識に考えちゃうもの。慣れるまでは意識せずにプレイしてもいいと思いますよー。

琥珀「意識せずにやっていても、いずれ覚えられるものなんでしょうか・・・」

HIDE「えぇ。なんだかんだで情報が欲しくなれば、見るべき場所は現在見えてる場所ですし、その繰り返しでなれると思います。」

琥珀「あ、情報といえばテスト、大丈夫でした?」

HIDE「うるさいですね、なつかしいネタを掘り起こさないで下さい。夏だけに。」

琥珀「しっかり見直ししないとまた赤点になつかれますよ?夏だけに。」

HIDE「誰がうまいこといって返せといいましたー」

琥珀「夏はスイカがおいしいですよね。あ、そろそろお手入れしてきますー」

HIDE「無理やり落としたところでお疲れ様でした。」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あとがき
普通のサイトには書かれていないアドバンテージを大量に書かせてもらいました。
すべての基本は「情報のアドバンテージ」と「カード枚数の得よりお得量が少ない」ということです。
基本的にはカードの得のほうをイメージしたほうがいいです。
が、確立の得も考えて。
・・・時間の得について書くことを完全に忘れてました。
ですが、これだけ書けばなんとなく分かる人もでるかもしれないので、そういうことで。

用語解説
アドバンテージ=得してるか損してるか。多くのサイトでは得のことをアドバンテージと読んでいます。割と重要。アドバンテージを得るは、得すると読み替えても問題ないですね。逆も然り。カードの「ソウルアドバンテージ」との勘違いには注意が必要だ。

ジェニー=HIDEが考える最強の手札破壊。とにかく早い。とりあえず積んでも腐りにくい良カード。ロストソウルやソウルアドバンテージとは一長一短。

ランダムハンデス=「相手の手札を見ずに○枚選び破壊する」という効果のこと。

将棋=運が絡む要素が少なく、しばしば運ゲーの反対のものとして引き出される。
A「トリガー2階踏むとか・・・運ゲー氏ね」
B「運ゲーいやなら将棋やってろよ・・・」
見たいな流れで。
DMは運も絡むゲーム。受け止めましょう。

麻雀=将棋とは対照的に運が絡みやすいゲーム。というわけで、初心者でも勝ちやすく、敷居は低いだろう。
DMを始めてみよう! | permalink | comments(6) | trackbacks(0)| -
スポンサーサイト
- | permalink | - | -| -

この記事に対するコメント

続きキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


ジェニーは本当に強いですね

ただ単に一枚落とすだけでなく

HIDEさんも書いている情報の得、

相手を事故らせるテンポアドなど


ただしパクリオ、てめえはダメだ


配牌いいぜヒャッホイと思ったら

十三不塔されたよ(^q^)
ジョリン | 2009/06/17 6:18 PM
続きキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ジェニパクの強さは何なのだろう。
あれが6マナならまだそこまで流行りはしなかっただろう・・。
やはり速さですよね。先手必勝といいましょうか。
トリップジェニーや、ライフジェニーされると勝てる気がしない。
次のターンバキューム出されるとサレンダー。
なにこれ?


将棋をほぼ知らない素人なので、前書きがさっぱりな自分。
すべてのボードゲームはルールを知っている程度の人間ですので・・はぁ。
米沢ファクト | 2009/06/17 7:31 PM
ジェニーの強さだけを語っていったら、たぶん1時間は余裕。
ジェニーの手札を一枚墓地に送るという効果だけを見ている人に、ジェニーの仕事をすべて理解させるのは本当に大変ですからねー。
一度上級者向けの内容として書いてみます。


えっと・・・つまりハイドロ対策はハンデスってことかなーって。
最近ブロッカーを出していくデッキがすべてハイドロに見えてきた。


リアルだとマナを置く時にある程度の情報の露見がありますからねー。
無条件手札一枚ピーピングはしんどい。

というか手札の内容は相手がテンプレデッキだと大体読めるようになってきたんだが。
下準備なしのノクターンドラグーンで7割破壊できるイアはたぶんおかしい。
ハンゾウとか言ってあげるとすっごく喜んでくれます。



将棋で普通にレベルがすごいのコンピューターと遊びでやってたら。

「ハチワンダイバーで誰かがこんなことしてたなー。」

とか思って歩と飛車をひたすら前進させてたら
知らない間に詰めた件について(


ではでは。
イア | 2009/06/17 10:11 PM
>ジョリンさん
既に初心者向けじゃないがキニスルナ(
そろそろ初心者向けも書こうと考え中。

ジェニーは基本的にアドの塊です。
殴り手にもなるってそれなんてチート。

パクリオはシノビに聞かないのが辛い点です。一長一短ですね。
うちの友人はパクリオ<ジェニーですし。

十三不塔って本当にありえる役満だったんだね・・・。

ロマンだけだと思ってたぜ。
HIDE | 2009/06/17 10:44 PM
>ファクトさん
キタんだぜ(

6マナならそれなんてアドバンの完全下位ですよー。

HIDEは青銅からつながる5でも良かったんじゃないかなーとは考えてますねー。
でもまぁ、サイブレあたりを容易に落とすカードとして、コスト4は必須・・・ってことだったのかも。
結局、スケバイとタメ張ったカードですし。

バキュームはある種速攻デッキみたいなものですしー。
除去札を3枚ほど積めば安心ですよー。

前書きは、リアルにあった指し筋です。
HIDEが唯一先生のアドバイスに逆らって指した渾身の攻め手ですねー。
アド損でも、状況はHIDEのとくいな攻める局面になって、無事勝てたときは感動でした。
ちなみに、HIDEが琥珀さん側。

だがしかし、HIDEよりボードゲームを知ってるということはあるまい(
HIDE | 2009/06/17 10:50 PM
>イアさん
ピーピングハンデスにクリーチャーが残るこの凶悪さ、イアさんの文章力でぜひとも読みたいものです。

リアルにジェニーだけで一時間ぐらい語れそうですしねー。
PGだと既に語ってますし(

最強のハイドロ対策はガレックか剣蟲あたりですよー。
あのデッキは、本気で道リエスを倒せば全然動かなくなるので・・・。

曰くミスト依存なのに、そのミストをコンボ筋として取り入れて、さらに早い段階のスペルキャストを前提にするという非常に矛盾したデッキ。
回れば史上最強ですが、回せて史上最強ではありません。
我々が付け入る隙はそこですね。

ノクターンは、はずしてもピーピングできるだけで案外おいしいですよー。
相手の最悪の状況に対抗できるってのはやっぱり便利ですよね。

中飛車なら着物のあの人なんだが、居飛車となると思い浮かばないものです。
あれ、さり気に面白そうな戦略があるので読むと楽しいかも。
雁木とか何したいのか分かりませんけど(
HIDE | 2009/06/17 10:55 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chougyuudon.jugem.jp/trackback/513
この記事に対するトラックバック
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ななどらパーティ
アンケート
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS