プラクティスティス@パズドラディバゲ勢

凍結してからが本番。俺たちのブログはまだ始まったばかりだ。
殆ど俺のメモ帳になってます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 戯言メモ | main | ねみぃしさみぃわ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -| -
DMを始めてみよう!其の8・歴史をしろう2

HIDE「・・・さて、残っている項目は(いがみ合い)だけですね。」

琥珀「あら?安定性をやっていない気もしますけど・・・」

HIDE「俺の中では終わりました・・・。」

琥珀「大分ダメージ受けてますねー・・・。」

HIDE「バックアップをとることの重要性がわかったってぐらいですもん、昨日の収入。」

琥珀「復元とかは出来なかったんですか?」

HIDE「コピペさえとっておけば・・・。後は色つけるだけで完成だったのに・・・。」

琥珀「確かUPしようとしてましたよね。おっと、色つけるの忘れてた、危ない危ないとかいいながら・・・」

HIDE「危ないのはどっちだよチクショウ・・・」

琥珀「ところで、いがみ合いとはどういう意味なのでしょう?TCGには似つかない言葉ですが・・・」

HIDE「まぁ、言葉のとおりですよ。先日も言ったとおり、DMプレイヤーは敵を見つけないと動けないんです。その結果起こったのはロマノフ論争とか?」

琥珀「ロマノフ論争・・・?」

HIDE「えーと、簡単に説明しますと、

      Aがロマノフを馬鹿にした!
             ↓
     ロマノフはいいカードなのに!
             ↓
   過大評価してロマノフ評価してやる!

ここから、

     Bがロマノフ最強とかいってた!
             ↓
      不当に過小評価してやる!
             ↓
 俺もやりすぎだけど、あいつもやりすぎだし

となっていきます。」

琥珀「なんともまぁ・・・。折衷案はなかったんですか?」

HIDE「そりゃ折衷案を出す人もいますけど、ヒートアップしたバカをとめられるものなんてありません。結局時間が流れて折衷しましたが。」

琥珀「ネットのことですし、当然中高生も参加していたんでしょう?」

HIDE「えぇ、匿名性の恐怖ですね。中高生ですら何をいってもいいものと思われています。」

琥珀「HIDEさんはどうしたんですか?」

HIDE「Vaultのロマノフの評価を見てもらえば分かると思いますが、ロマノフは遅いと切って捨てました。一応評価は四段階中の3にしましたが。」

琥珀「特にとめにはいるようなことはしなかったんですね・・・。珍しいです。」

HIDE「そうですか?本来は口出しすらしないシチュエーションですが・・・。論争中は当然あそこでの発言は控えてますし。」

琥珀「これが、いがみ合いですか?」

HIDE「DMプレイヤーは対立しないと生きていけない生き物、悲しいサガですねぇ。ちなみに、こういう場で口が聞く人には大体信者がつきます。これがDMの最もバカな部分である信者思想、アンチ思想です。」

琥珀「信者・・・宗教みたいなものでしょうか?」

HIDE「先日、意見は取捨選択しろといいましたが、それを放棄する人間の末路です。実質宗教ですね♪ この人のいっていることだけは正しいんだというのが信者。この人のいってることだけは間違ってると思うのがアンチ。いずれにしろ、すがってるくせにプライドだけは高くてジャマな連中です。イメージは漫画に出てくる御嬢様キャラの横で(そーよそーよ)っていってるような子分A&B。」

琥珀「う〜ん・・・確かに面倒くさい人たちであるとは思いますけど、そこまで悪い人たちでもないのでは?」

HIDE「会話していて、○○がこういってたからこれはこうしろよ。っていわれるとウザくないですか?理由を聞くと、んなもんしらねーよ。ですし。それに、従わなければ不当に評価を下げてきますし。極めつけは、自分の意見すらその人に否定されるとすぐに引っ込める。生産性を著しく下げる、極めて遺憾なものだよ。」

琥珀「でもでも、それは教祖様側が悪いんじゃないですか?」

HIDE「や、中世の時代とは違い、DMにおける信者思想は、信者側が勝手に一個人を教祖と思い込んでるパターンが多いのです。教祖側もいい迷惑ですよね。」

琥珀「教祖から始まるのが本来の宗教なのですが、DMの場合は信者から始まってるんですね。」

HIDE「そういえば、嘘のような面白い話がありまして・・・。これとは違う、5色論争というものですが、これについて、多少イザコザがあったんです。」

琥珀「5色論争?」

HIDE「論争というには、論が出てなさ過ぎるかもしれませんが・・・。5色デッキをどう呼ぶかと言うやつです。身内で勝手に(クイックントースト)や(5CG)と読んでいたものを、横から入ってきた奴らが(MtGにおけるクイックンは・・・)とか(5CGはそういうデッキじゃねーから)とか文句いってきたやつです。」

琥珀「それ、一方的に横から入ってきた人が悪いのでは・・・?」

HIDE「うちはそう考えてます。っていうか、意味不明なんですよね。で、この横から入ってきた人のブログ(以下Aさんのブログ)に知人がコメントしにいったわけです。(5CGは身内で勝手につけたデッキ名で、とやかく言われる術はない。詳しくはブログに書いてあります)と書いたわけです。当然、Aさんは知人のブログを拝見しに言ったわけですが、知人がコメントした後のコメント欄が面白い。」

琥珀「Aさんがコメントしたのではないのですか?」

HIDE「Aさんはマトモな人なので、普通のコメントでした。教祖はいい人というパターンが多いです。問題はAさんの信者ですね。その発言は(混乱に乗じて売名行為ですか。常識的にバカじゃないですか?)みたいなっ!?(キャー」

琥珀「これぞまさに、(信者、教祖の品をさげる)ですねー。」

HIDE「ところがどっこい、これで終わらなかったんですよ。その後、Aさんが知人が傷ついたことに責任を感じて、いったんブログの更新を閉鎖するといったんです。そこで、信者が言い放ったこの一言、(なんでAさんが責任感じる必要があるんですか。○○(知人のHN)よりAさんのほうが大事なんですから!ほら、○○さんももういいでしょう!)・・・だっけ?」

琥珀「それ、流石に誇張してかいてますよね?」

HIDE「オブラートに包んでかいているつもりだったのですが・・・。」

琥珀「それでどうなったんですか??」

HIDE「流石にこの発言についてはイラついた人がいたようで、匿名で(あなたみたいな人にコメントされると、Aさんも面倒でしょうね)というコメントがついてました。格好いいですね。」

琥珀「でもでも、なんでこのようなことが起こるのですか?」

HIDE「Vault民と他、東京民と他は相容れぬ関係ですから(キリッ

琥珀「ライバル心というやつですか?いまさら(うちの県は〜)とかで争うのもバカらしいですよ?

HIDE「DMだぜ?自分のいるところが最強だって誇示したいものじゃないですか。」

琥珀「そういうものなのですかねぇ・・・。男の人は分かりません。」

HIDE「まぁ、伝統なんですよ。だからうちは東京民を不当に低く見ますし、Vault民の悪口だってガンガン書いてるじゃないですか。」

琥珀「そうなんですか?」

HIDE「そういうものです。やめられない〜とまらない〜格差社会〜。デカイ喧嘩になっても気にしない〜。伝統だから〜。」

琥珀「やめられないって・・・」

HIDE「Vault自体は非常に評価してますよ?あそこまでのコミュニティを作ったのは素直にすごいと思います。管理人である極楽さんはVault至上最強の教祖として名高いですね。まぁ、あの人は超えられませんが。」

琥珀「教祖って・・・。ところで、あの人とは?」

HIDE「そりゃきまってますよ、池っち店長です。あの人こそ教祖オブ教祖。世が世ならヒトラーとして生きていてもおかしくなかったと思いますね。

琥珀「ヒトラーって・・・もっとマシな表現はないのですか?」

HIDE「一番的確かと思いましたけどね。彼ほどDM界で人心を掌握できる人も少ないですし。極楽さんはコミュニティの素晴らしさで人を呼んでますが、あの人はその知名度と人心で人の心を集めている。まったく恐ろしいものです。自分の作ったデッキを世のDMプレイヤー100人に使わせることができるというスキルを持ってますから。どれだけ完成度高いデッキを作ればうちらがまねできるのでしょう。」

琥珀「まさにトップの風格ってやつですね・・・。でも、信者が多いということは、当然アンチも多いのでしょう?」

HIDE「そのとおり。池っち店長に限らず、Vaultもアンチが多いですよ。まぁ、池っち店長は教祖オブ教祖なので、彼以上アンチを持っている人はいないと思いますけど。少し動くだけで文句を言われ、動かなければ文句を言われ・・・政治そのものですね。ああいう立場にはなりたくないものです。」

琥珀「あれ、なりたくないのですか?」

HIDE「なりたくないですよ。アレですよ?」


↑アレ

琥珀「周りのが信者ですか?」

HIDE「うん。」

琥珀「ノリノリですね・・・

HIDE「池っち店長は人々に夢は与えますからね。」

琥珀「政治ではないですが、支持率は高いというわけですね。」

HIDE「とまぁ、そういうわけで、Aさんにも信者・・・友人というのも多かったのでしょう。これに感化された人々がいっせいに5CGやクイックントーストという名称を叩き始めました。」

琥珀「ぉお、無理やりお話戻しましたねっ!」

HIDE「まぁ、叩くといっても、反論されたら答えられないようなレベルのものや、(キリッがつくような文章ばかりでしたけどね。(プレミアム殿堂ワード)とか(わざわざ難しい言葉を使う理由はないだろう)というのには笑わせてもらいました。デッキ名だっつーの。」

琥珀「プレミアム殿堂ワード・・・。このご時勢に表現の自由を奪ってきましたか。」

HIDE「当人はギャグで書いたのかもしれませんが、ブラックジョークにもすぎるものがありましたしね。」

琥珀「わざわざ難しい言葉を使う理由はないだろうというのには、私は賛成ですが・・・。」

HIDE「言葉も何もデッキ名ですよ?身内で通じればいいとだけ思っていた言葉に突っかかってきて、難しい言葉とか・・・。別にお前等に理解してもらおうとか思ってねーよ。」

琥珀「大変ですねぇ・・・」

HIDE「というわけで、DMのネットとは、いわばどの教祖が一番いい人かを選ぶものになってます。何かすがるブログでもないとやってられないのでしょう。ただ、教祖側からしてみれば毒電波撒き散らしているだけであり、信者が欲しいというブログなど少数派じゃないでしょうか?少なくともうちはそんなもの必要ないと考えています。閲覧者は情報の取捨選択が出来ないからこそ信者になるという地獄に落ちるしかない。無知は罪とはよくいったものです。そして、教祖というのは、こういう取捨選択をできる立場、いわば未成年から成年になったとでもいいましょうか。人から洗脳される立場から、人を選ぶことが出来る立場になったということでしょう。そして自分が教祖になって気付くのです、教祖なんて皆自分みたいにバカばっかだと。我々はどのバカが一番かと考えていたのか・・・と。」

琥珀「・・・」

HIDE「どうしました?」

琥珀「いえ、珍しく普通に正しいこと言ってるなと思いまして・・・」

HIDE「まるで今まで冗談でもいっていたような言い方ですね。」

琥珀「え、違うんですかっ!?」

HIDE「・・・。つまり、人の意見である以上、それを選ぶ人の立場に、ベストな選択などなく、どの意見がベターかを考えるのです。これが取捨選択。」

琥珀「閲覧者も大変ですね・・・」

HIDE「記事を書かないと信用を得られない。書くという選択肢しかない執筆者よりはいい立場です。彼らには見ないという選択肢もあるのですから。」

琥珀「いい人を選びつつ、鵜呑みにしない・・・大変ですね。」

HIDE「まぁ、簡単ですよ、正しいと思うものだけ信じればいいのですから。」

琥珀「・・・あれ、えーと、何を言いたいのでしたっけ?」

HIDE「あぁ、五色論争の結末ですね。いつもどおり、なあなあで終わったのですが、信者のあきれ返る無能さには我々も理解し切れていませんでした。知人のダメージを考えると、嫌な結末でした。確固とした論を持っているうちらが無事に終わらせられなかった理由は、信者の無能さとアウェイでの不利の二つでしょう。まぁ、信者が論を持っていないのはお決まりなので仕方ない。しかしあそこまでバカとは思いませんでした。日本語と英語でくっちゃべってもお話にはなりません。・・・おっと、ここはアメリカの栄誉のために、日本語と異世界語と書きましょうか。まさか異世界の住人が会話してくるとは思いませんでした。この論争で我々が得た利益は、次こういう論争やるときはぜひとも異世界人抜きで。という点につきます。」

琥珀「これはまた大層な発言を・・・あれ、いいたいことって五色論争の結末だったんですか?」

HIDE「・・・違う気がします。・・・あぁ、思い出しました。いがみ合いの理由ですね。 いがみ合うことによってモチベーションを保っているということです。

琥珀「なぜ、いがみ合いによってモチベーションが保たれるのですか?」

HIDE「えーと、共通の敵を見つけることにより、それより優れようとします。それより優れることの最も簡単な方法が、そいつらより強いデッキを作る、強い論を持つ・・・ということなのです。」

琥珀「でも、常にいがみ合うんじゃないのでしょう?HIDEさんも東京の方とはお話してますし、Vaultも利用してますし。」

HIDE「敵がいなければ新しい敵を作ればいいじゃない。DMが一つにまとまったら遊戯王やヴァイスを叩き始めます。」

琥珀「相変わらず歪んでますね・・・」

HIDE「新弾が発売等されない限りはこうでもしないと、モチベーション保たれませんから。ちなみに、新弾発売等と書いて、宝富からの餌と読みます。」

琥珀「・・・まぁ、対人ゲームですし、しかたないのでしょうね・・・。でも、ケンカは大概ですよ?」

HIDE「はぁい。でも、うちは基本こういうのには首突っ込まないタイプなので大丈夫です。」

琥珀「こんな記事を書いている人がよく言います。」

HIDE「ごほん、というわけで基本的にDMは常に内乱みたいなものですよ。」

琥珀「聞けよ人の話」

HIDE「やることがなくなったら、またでかい内乱やるかまた分裂して争い始めるか。ほんの少し和解しても、そのお話が旬でなくなれば、団結する理由もなく、また勝手に分裂します。仮にVaultと団結しても、脅威となる論争相手がいなくなればまた分裂するでしょう。人心掌握は少人数のほうがラクですから。」

琥珀「つまり、内乱こそがDMの歴史・・・と?」

HIDE「そういうことです。さて、眠いんで今日はここまで。質問はありますか?」

琥珀「結局何が言いたいのでしょう?」

HIDE「次の論争マダー?です。ちなみに、論争と書いてバカ騒ぎとか餌とかでかい釣り針と読みます。」

琥珀「そんな内容でした!?」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あとがき

皆様は本当に間違った事象を鵜呑みにしていませんか?
これはTCGに限りません。
例えば、福沢諭吉さんの「学問の薦め」。
「天は人の上に人を作らず」とかかれていますが、これを発言したのはユッキーでないということはご存知で?
ご存知でなければ、何故間違った情報を常識のように思っているのでしょう?
これこそが情報の鵜呑みです。

信じるものは救われますとはいいますが、そんなもん嘘っぱちですよ。

DMを始めてみよう! | permalink | comments(8) | trackbacks(0)| -
スポンサーサイト
- | permalink | - | -| -

この記事に対するコメント

裏の裏が表とはよく言ったものだ…これって青春?まぁ、昨日明日が楽しけりゃいいってことよ
| 2009/12/31 4:51 PM
えらく哲学的なこと言いますねぇ。
モバゲーのDMサークルとか論争しかしてないな…
私はTCGなんてゲラゲラ笑いながらパチパチやってれば良いと思ってるんで、論争とかダルいですわ。
| 2009/12/31 10:11 PM
明けましておめでとうございますー

ネットではそんなのやってたんですか
自分は、40枚の紙束作るのが楽しいだけでやってるから
よくわかんないや
まあ、ネットでの罵詈雑言はスルーでFA、ですね

それでは、今年もよろしくお願いしますー
ジョリン | 2010/01/01 3:20 AM
年賀状届いたよー。
同梱されてたカードに俺歓喜。 瞬ドラ始まりすぎだろ……w
ありがとねー♪

今年もよろしくねー。
ゆーゆーゆー | 2010/01/01 11:56 AM
あけましておめでとーございまふ。日本海側はおめでとーって言ってる場合じゃなさそうだが(

論争ほど馬鹿らしいことはないねー。いがみ合いさえなければ相手も増えて万々歳なのに。まあいがみ合う相手とは戦いたくないがな!(

とにかく今年もよろしくなのですよー
石倉 | 2010/01/01 5:35 PM
>名無しさん
ぶっちゃけ青春だよねw
まぁ、TCGなんかに青春使うのももったいない気はするけどさw

ま、世の中にゃぁ、いがみ合いの末、明日を楽しくさせないやつもいるってこった。大変だねぇ。


>烏さん
そりゃもう似非哲学者やらせてもらってますから((
論争が起これば乗っかるけど、基本は楽しさ第一ですよね。
DM楽しそうにやれればそれでいいのさー。


>ジョリンさん
あけおめー。今年もよろしくお願いします
ネットのDMのカオスっぷりはハンパないですしねー。
そりゃもう、バカという言葉が似合いすぎるぐらいw
うちは、紙束作っても崩れるだけなんで、少なくとも40枚のアートを仕上げたいなとは思うねー。
最近は40枚のゴミクズばっか仕上がってるけどw


>ゆーさん
よかったわー。
封入カードは人数分適当にカード萃めて、後は完全ランダムだから、誰にどれがいったか分かってないんだよねw
気に入ったならうれしいよ。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。


>石倉さん
あけおめー。
いやいや、初日の出が遅いという点以外は非常におめでたいよ。
やっぱ新年ってのはいいものだね。

とかなんとかいいつつ、うちは論争賛成派なんですけどねー。
ネタにもなりますしw

こちらこそよろしくおねがいしますー
HIDE | 2010/01/01 8:41 PM
明けましておめでとうございます。
楽しくやれる事が何よりも大事だと思ってます。
今年もヨロシクお願いしますね。
K The Magician | 2010/01/02 8:11 PM
あけおめですー。

今年も、たまにデンジャーな記事でも交えつつ楽しくやろうかねぇ。
苦労も大事だけど、楽しいのも大事。
バランス問題もあるけど、やっぱり楽しくないとねー。

こちらこそ今年もよろしくお願いしますー。
HIDE | 2010/01/02 9:32 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chougyuudon.jugem.jp/trackback/759
この記事に対するトラックバック
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ななどらパーティ
アンケート
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS